光熱費を削減する為に家族で取り込んでる事

光熱費を削減する為に家族で取り込んでる事

私は家族と一緒に実家で全員が暮らしているのですが両親の定年退職と私も含めて兄弟の給料も多くはないので生活をするのが毎月精一杯で大変です。
その為に日々の生活で節約できる所は面倒でもやろうと取り込んでいますが、
その1番のターゲットとして実施しているのが光熱費の削減です。
私の自宅はオール電化なのでガス料金はありませんがその分電気料金はガスがある家庭よりは高くなります。
オール電化のプランは深夜料金は安くなりますが、平日の昼間の時間帯は一般のプランよりも高くなる性質がある為我が家では平日の昼間の電気は極力使わないようにしています。
平日の昼間は電池式の携帯ラジオを使ったりパソコンも極力使わずにインターネットの閲覧はタブレットやスマートフォンを使用しています。
テレビは小型の省電力の液晶テレビをしようし、照明関係は使わないようにしています。
昼間に減った電池の充電はすべて深夜に行うようにしています。
パソコンを使うような作業がある場合はファーストフード店でドリンクを飲みながら行っています。
待機電力を発生させない為にコンセントはスイッチ付きの物にしてます。
これだけでも4人家族で電気代が1万円程度で抑えることができます。
かなり面倒ですが電気料金の高い時間帯の使用は避けてる事でかなり費用は変わります。
その次に取り組んでいるのは水道費の削減です。
排便関係は極力会社で行うようにして、洗濯機もお風呂の残り湯を使います。
お風呂の残り湯は洗濯が終った後は何個かのバケツに貯めてそれを水洗トイレの水に使っています。
バケツで運ぶのはとても面倒な作業ですが慣れれば苦にはならなくなり、水の効率が良い利用ができるので環境にもよく費用もかなり削減できます。
無駄な物を削減したり効率よく利用する事はかなり費用に影響するので、わかりやすい光熱費の削減はどの家庭でも恐らく有効だと思います。